白テニ
白猫テニス攻略wiki
スライスの打ち方と対策方法

スライスの打ち方と対策方法

最終更新 :
白テニ攻略からのお知らせ
【新機能】白猫テニスの投稿をリアルタイムで全表示

白猫テニス(白テニ)のスライスについて掲載しています。スライスの打ち方や使い方、対策方法なども解説しています。

目次

スライスの使い方解説

▶記事へのご意見・ご指摘募集中!

弾速の遅いボールを打てる

スライスはスピンと違い、弾速の遅めなボールを打てる。ドリンクを取りたい時や、ボレーのためにネットに走りたい場合の時間稼ぎとして有効。

スイングエリアが広がる

スライスに切り替えることで、スピンを使っているときよりもスイングエリアを広げることが可能だ。スピンが攻撃型の球種だとしたら、スライスは守りの球種となるぞ。

ノーバウンドでもダイレクトにならない

スライスの特徴の一つとして、相手のスピンに対しノーバウンドで返球してもダイレクトにならない。コート中央でボールを打たなくてはならない場合などに活用しよう。

フォア/バックで曲がる方向が決まる

▲右利きのフォアハンドは右側へ。

▲右利きのバックハンドは左に切れる!

フォアハンドかバックハンドで、曲がる方向が決まっているぞ!打ちたい方向に合わせて、ボールに回り込む必要がある。

スライスの対策方法

曲がる方向を見極めよう

スライスの特徴は、曲がりながら飛ぶところ。ボールの滞空時間が長いので、動きをよく見てキャラを打ちやすい位置に移動させよう。

曲がる方向解説

フォア/バックハンドで打った方向に逸れていく

右利きのキャラがスライスをフォアハンドで打った場合、ボールは右側にカーブを描いて飛んでいく。
バックハンドの場合は、左側に曲がるということを覚えておこう。(左利きの場合は逆。)

相手プレイヤーも同様

自身が打つスライス同様、相手にも同じことが言える。相手がフォアかバックハンドのどちらで打ったかを確認しながら立ち回ると、ボールの軌道が予測できるぞ。

スーパーショットのカーブも同じ

大きくカーブするスーパーショットも、フォアもしくはバックハンドで打った方向に弧を描いて飛んでいく。相手の打った手を確認しておけば、慌てずに対処できる。

他のテクニック解説記事はこちら

ロブスライススマッシュ
フラットサーブボレーサーブ
スーパーショットスタミナスピン
ドロップフォア/バックジャスト

他の白猫テニス攻略関連記事

この記事を読んだ人におすすめ

© COLOPL, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー

お知らせ

攻略情報

開催中のガチャ・イベント

新キャラ

パルメ・コリンモチーフギア

新ギア

新着/更新された記事

ガチャ

ガチャシミュ

ランキング

キャラクター

ギア・エンブレム

星4ギア

星3ギア

エンブレム

テニおせ/公式動画

イベント

素材

チームタウン

初心者向け記事

各攻略情報

タワー

ツアー

ダブルス

テクニック

攻略動画

暇つぶし記事

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中