白テニ
白猫テニス攻略 | 白テニwiki
勝つための戦術指南書(ダブルス編)

勝つための戦術指南書(ダブルス編)

最終更新 :
白テニ攻略からのお知らせ
ファイブスターフェスティバルガチャ当たりキャラまとめ

白猫テニスのダブルス戦で活用できる戦術をまとめています。ダブルスで勝つために考えるべきことを掲載していますので、スキルアップの参考にしてください!

目次

ダブルス最強ペア

ダブルス最強キャラ(ペア)ランキング

はじめに

こんな人に読んでほしい!

  • ダブルスでもっと勝ちたい方
  • それなりに試合を経験している方
  • "なんとなく"勝つ/負ける、を繰り返している方
  • 白猫テニスがもっとうまくなりたい方

ダブルス戦で勝つために考えられる戦術を、例とともに掲載しているぞ。必ずしもこの戦術で勝てる、というものを保証するものではないが戦術の一つとして覚えておこう

基本的な立ち回りがわからない人はこちら

スポンサーリンク

フォーメーション解説0

ダブル後衛(2バック)

メリット

  • スタミナが無い時に有効
  • ほとんどのボールをカバーできる

デメリット

  • ボレー/ドロップに弱い
  • 決定打が少ない

雁行陣(がんこうじん)

※雁行とは、ななめに並んでいる様子のこと

メリット

  • 前衛のポーチで得点しやすい
  • 攻守のバランスが良い

デメリット

  • 後衛との連携が必要
スポンサーリンク

ドリンクの取り方 Q&A0

ドリンクはどちらがいつ取るべき?

ドリンクはいつ、どちらのキャラが取るべきか。また、その時のペアの行動も合わせて考えてみよう!

模範解答はこちら

ルカと守備位置を交代してティナが拾うのが正解

スタミナが重要な後衛を担うティナがドリンクを拾うべき。スライスに切り替えて時間を稼ぎ、ルカがやや中衛に下がりつつティナと守備位置を入れ替えるのが良い。

ティナのスタミナが黄色になってからでは遅いので、スタミナが緑色のうちに余裕を持って守備位置を切り替えるのがポイント。

ドリンクを取らせてあげるための行動は?

味方のサーブ権。アイラがサーブ後にドリンクを取りたい場合、エクセリアはどのように動くべきかを理由も合わせて考えよう。
※フォルトは打たないこととする。

模範解答はこちら

やや後衛に下がって守るのが正解

サーブ後にドリンクを回収した場合、返球するまでに若干のスキが生じる。仮にエクセリアがネットに寄っていた場合、ストレートへのロブに対応できない可能性が高い。そのため、エクセリアはやや後ろに下がってカバーしてあげる必要がある。

こんな時ドリンクは取るべき?

相手のエクセリアがサーブ。ネット際のドリンクは、誰がいつ取るべきか考えてみよう。

ドリンクを取るタイミング解説

▶ドリンクを取るタイミング

模範解答はこちら

すぐにフランが取るのが正解

サーブを打たれる前の行動であれば、スタミナ消費もなくドリンクが回収できる。スタミナのアドバンテージを取る意味でも、フランがすぐに取るべき場面と言える。

取らない選択肢はない

遠慮してしまったり、「まだ大丈夫」と過信して取らないことが最も危険な行為。フランのスタミナも満タンに近いのであれば別だが、この状況では取らないことのリスクが大きい。

サーブ時の動き方 Q&A0

サーブは相手コートのどちらに打つべき?

画像のようなケースの場合、サーブはどちらに打つべきか?今後の展開を予想しながら考えてみよう!
※サーブレシーブの相手はミラ。

模範解答はこちら

正解はB!相手のバックハンドを狙う!

この場合は、相手のバックハンドを狙ったサーブを打つのが最適。バックハンドでの返球は球速が遅いため、前衛のリリカがポーチに出やすくなる。その後のラリーを有利に展開しやすくなるぞ!

サーブの打ち方の基本はこちら

▶サーブの打ち方と使い方

返球時の動き方 Q&A0

スマッシュで返すにはどこまで下がる?

相手イサミが、前衛のエクセリアのポーチを懸念してロブを上げてきた。前衛エクセリアはスマッシュを打とうと考えたが、大体どの位置まで下がってタップしたら打てるのだろうか?

スマッシュの基本はこちら

▶スマッシュの打ち方と使いかた

模範解答はこちら

サービスライン付近で打てる

ロブを打たれた際に、下がりながらスマッシュを打つ場合は、サービスライン付近もしくはやや後ろで返球可能。ロブの機動を追いすぎると、かえってスマッシュが打てなくなることもあるので注意。

ある程度の練習が必要

ロブは打ったキャラや打ち方によって早さや飛距離が変わるため、必ずしもこの場所で返球できるわけではない。何度も練習し、スマッシュを打てる位置の感覚を掴もう。

スマッシュはどこを狙う?

相手があげたチャンスボールを、スマッシュ!より確実に得点するためには、どこを狙って返球するのが得策か考えよう。

模範解答はこちら

相手前衛コースを狙うのが正解

相手の前衛を狙ってスマッシュを打つのが効果的。十分な返球が間に合わず、再び打ち上げのミスも誘えるため試合を有利に運びやすい。

ただし、相手のSSには注意

SSが溜まるほどのラリーを行っていた場合、前衛がスマッシュをSSで返球する可能性もある。チャンスが一気にピンチに変わってしまうため、相手のSSゲージにも注意したいところ。

どこに返してどこに動くべき?

相手のエクセリアヴィヴィを狙ってきた。ヴィヴィはこのまま返球することになるが、どこに打ち返すべきだろうか?また打ち返した後、どこに移動すべきかを考えてみよう!

模範解答はこちら

ロブを上げて後ろに下がる

ここは一旦ロブを上げて、スマッシュを取れるようにやや後ろに下がっておくのがベスト。
もしヴィヴィがボレーで返した場合、すかさず相手のフランにカウンターボレーをされる可能性が高い。味方のエクセリアの位置ではカバーが間に合わないため、良策とは言えない。

陣形を立て直すためにどこに打つ?

通常の雁行陣が崩れ、ストレート同士の打ち合いに。バックハンドの不利を打開したい時、カモメはどこに打ち返すべきか?また、球種は?

模範解答はこちら

クロスにロブで打ち返すのが正解

陣形を立て直すために行うべきは、クロスにロブを打つこと。相手の後衛がロブに対応すれば、リリカは立ち位置を入れ替える必要が出てくるので、陣形を通常の雁行陣に戻せる。

クロスにスピンは危険

相手前衛のリリカはポーチに出る機会を狙い、ネットに詰めている状態。そのため、クロスにスピンで返すのは危険。味方エクセリアがボレーに対応しきれず、失点する可能性が極めて高い。

サーブリターンはどっちに返す?

相手エクセリアがコート内側寄りに、スライスサーブを打ってきた。相手のマールはコート中央でポーチを狙っている。
レシーバーであるミレイユが返球するべきコースはどこ?また、球種は?

模範解答はこちら

正解はB!ストレートをスピンで狙う!

この場面ではクロスを狙うよりも、ストレートを狙ったほうが効果的。仮にマールがボールに対応したとしても、バックハンドで返球することになる。カモメがカウンターボレーで左側に打てば、得点できる可能性が高い。

ストレートのボレーに注意

マールがクロスではなく、ストレートにボレーを打ってくる可能性は常に考えておこう。前に出る準備をミレイユもしておくとGood。

リターンはどのように返すべき?

画像のように、エクセリアがバックハンド側に打ってきた場合で考えよう。リターンはどの球種で、どの位置を狙って打つべきか?

模範解答はこちら

正解はストレートにロブを打つ!

スタミナの切れているエクセリアをフォローせず、リリカが前に出ている点がスキとなっている。すかさずロブを打つことで、相手のエクセリアは追いつけない可能性が極めて高いぞ。

フォアハンドならなお良し

ボールのコントロールを正確にするため、フォアハンドでロブを上げられるとなお良い。

ボールをどっちに返すべき?

相手のミレイユがコートの外側を狙って打ってきた。シャルロットは前衛に出つつ、ドリンクを取る。この際、マールが返すべき方向はどっちかを考えてみよう!

模範解答はこちら

ストレートにスピンを打つのが正解

スピンの速度があれば、ミレイユのスタミナ量では追いつきにくいと予測できる。また、相手のシャルロットがクロスに返すコースを塞いでいるため、クロスに打ち返すのは好ましくない。

スポンサーリンク

守る範囲の考え方 Q&A0

相手にロブやチャンスボールを与えた際の守備位置は?

味方のセラータが相手側にチャンスボール与えてしまい、相手のマフユがスマッシュを狙っているシーン。相手のマフユが打てるコースを考慮しつつ、ハルカはどの位置で守備するべきか考えよう。
※相手はギアショットを使用しないこととする。

模範解答はこちら

打てるコース解説

おおよそ、マフユが打てるコースは上記画像の赤いエリア内である確率が高い。赤いエリアを超えて右側コースを突くこともあるが、確率は低く、重点的に守るべきエリアではない。

守るべきコース解説

サービスラインよりやや後ろで待機するのが正解。画像の位置であれば、右・中央のコースに打たれたスマッシュをケアすることができる。この際は、守備するべきエリアが広がってしまうので、後ろに下がりすぎないことが大切。

また、制服セラータは中央と右コースはハルカに任せ、左コースをしっかり守備しよう。

相手のボレーで警戒すべき場所は?

味方ゲオルグがシャルロットに返球しようとしたが、それを見逃さなかったマールがポーチに出ようとしている。この時、ツキミとゲオルグはどこを守るべき?

模範解答はこちら

ツキミは斜め後ろでボレーを警戒

前衛のツキミは、クロスまたは鋭角に返ってくるボレーを警戒する必要がある。真後ろに下がると鋭角な方に対応できないので、気持ち斜めに下がっておくとどちらにも対応しやすい。

ゲオルグは前に出てストレートをカバー

ゲオルグは、ストレートのボレーを警戒しよう。クロスはツキミに任せてストレートをカバーすることで、失点の可能性を減らすことができるぞ!

ペアのスタミナがない時の守備位置は?

自分のスタミナはある程度残っており、ペアのスタミナがない場面。自分はどこで構えておくべきかを考えてみよう!

模範解答はこちら

後ろに下がって守るのが正解!

ペアのスタミナがない時は、前衛に出ることはせずに後衛に下がって守ろう。攻撃するチャンスをうかがうより、失点しないためのラリーをしよう。

カバーのしすぎはNG

ペアのスタミナがないからと言って、カバーのし過ぎは厳禁。自分の守るべき範囲がおろそかになり、かえって相手にチャンスを与える結果になるぞ!

相手の打てるコースを予測しよう

味方が放ったスライスボールを、ゲオルグがフォアに回り込んで返球してくる場面。この時、ゲオルグの打てるコースを予測して、ヴィルフリートがどの位置で構えるべきか考えよう。

模範解答はこちら

正解はコート中央よりやや左

ヴィルフリートはストレートへのロブを警戒しつつ、クロスをカバーできる位置で構えるのが最適解。

前衛のボレー合戦 後衛はどこを守る?

前衛同士がボレーの打ち合いを行っているシーン。後衛であるツキミはどの位置に立ってカバーをするべきかを考えよう。

模範解答はこちら

クロス側サービスライン付近を守るのが正解

クロスを狙ったボレーをカバーするため、ツキミはクロスのサービスライン近くで構えるのが良い。ボレーの打ち合いはリリカに任せ、こぼれたボールをケアできるようにしておこう。

ボレー対策にどの位置で守るべき?

クライヴがクロスに打ったボールを、メアがポーチに出る場面。この時、ミレイユはどの位置に移動し、守っておくべきかを考えてみよう。

模範解答はこちら

メアと同じ位置に移動するのが正解

メアのボレーが左側に向かって返ってきた場合、クライヴはほぼ確実に取れない。ミレイユがメアの前にぴったり付き、ボレーをボレーで返せるようにしておくのが最善策だ。

自分の守備位置を考えよう

コート外に打たれたボールを、カモメが返球する場面。ミレイユはどの位置に立って守備をするべきかを考えよう!

模範解答はこちら

やや後ろに下がるのが正解

コート上のスキが大きいので、立て直すために後ろへ少し下がるのが正解だ。どんなボールにも対応できるように少し下がって構えておこう。

守るべき守備範囲はどこ?

味方のシャルロットが、コートの端から鋭角を狙ってサーブを打った。この時、自分(ミレイユ)はどの位置に立って守るべきか考えてみよう。
※サーブレシーブの相手はミレイユ。

模範解答はこちら

ストレートコースを守るのが正解

相手はフォアハンドで返せる有利な状況なので、コート左を抜かれないよう左側を守るのが正解。ストレートがスキだらけになってしまうので、カバーしよう。

フェイントも有効

  • ①.サーブ前、ストレートにあえてスキを作る
  • ②.相手にストレートを狙わせる
  • ③.ストレートをカバーしてカウンターボレー

上記のような高等テクニックもあるため、立ち回り次第では得点のチャンスにもつながるぞ!

スポンサーリンク

他の白猫テニス攻略関連記事

この記事を読んだ人におすすめ

© COLOPL, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

こんな状況はどうしたらいいの?

kaosun
199355

「サーブリターンはどっちに返す?」でコートの内側寄り、とありますが、外側寄りではないでしょうか??

記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー

お知らせ

攻略情報

開催中のガチャ・イベント

900万人キャンペーン

新キャラ

新ギア

ガチャ

ガチャシミュ

ランキング

キャラクター

ギア・エンブレム

星4ギア

星3ギア

エンブレム

テニおせ/公式動画

イベント

素材

チームタウン

初心者向け記事

各攻略情報

タワー

ツアー

ダブルス

テクニック

攻略動画

暇つぶし記事

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中